創業年  地域   店名   種類

         1872  七飯   湖月   鯉・鰻

         1874  釧路  竹老園東家  そば
         1875  札幌   東寿し   寿司
         1879  函館   五島軒  レストラン

         1880  石狩   金大亭   割烹
         1881  小樽   海陽亭   料亭

         1887  石狩  やまたま   食堂

         1889  札幌   まるき   そば

         1891  函館   丸南    そば

         1899  厚岸   玉川園   そば

         1894  小樽   一福    そば

         1895  由仁  あけぼの   食堂
         1897  厚沢部  前井    食堂
         1899  帯広  ふじもり   食堂

         1901  函館   阿佐利  すき焼き
         1902  倶知安 かねまたみまた そば
         1905  池田  よねくら  レストラン
         1907  旭川  花月会館  レストラン
         1907  札幌  三川屋会館  宴会

         1910  厚真   かね中   そば
         1910  旭川   名人傍   そば

         1912  名寄   三星    食堂
         1912  小樽   やま安   そば

         1914  札幌  ライオン狸小路店 ビヤホール
         1914  長万部  かなや   食堂
         1915  釧路  北大通東家  そば

         1916  増毛  志満川    食堂
         1917  旭川  三光舎    すき焼き

         1918  札幌  東家寿楽   そば
         1918  函館  満る大    そば
         1919  小樽  アイスクリームパーラー美園 喫茶
         1919  札幌  東家本店   そば
           1919  恵庭  思君楼    そば
         1919  苫小牧 第一洋食店  レストラン

         1920  富良野 池田屋    寿司
         1920  帯広  丸福     そば
         1920  新得  みなとや   そば
         1920  室蘭  天勝本店   天丼
             以下もう少しで100年!    

         1922  旭川  小野木    鳥料理
         1923  札幌  菊鮨     寿司
         1923  函館  えびす庵   そば
         1925  三笠  更科     そば
         1926  釧路  八千代    寿司
         1926  帯広  新橋      豚丼
         1926  札幌  第三モッキリセンター  居酒屋
         1927  和寒  つたや     食堂
         1927  浦幌  かし和家    そば
         1927  江別  やま六鮨    寿司
         1927  札幌  三徳      そば
         1927  函館  やたら家    食堂
         1928  美深  あさの     そば
         1928  小樽  米華堂     喫茶
         1929  寿都  ダイマル大谷会館    食堂
         1929  夕張  吉野家       そば
         1929  小樽  あまとう      喫茶

         1930  函館  あじさい    ラーメン
         1931  室蘭  鳥よし     焼鳥
         1932  函館  函館美鈴    喫茶
         1932  函館  モーリ     喫茶
         1933  津別  つべつ西洋軒  食堂
         1933  音威子府 常盤軒    そば
         1933  帯広  ぱんちょう   豚丼
         1933  小樽  千成      寿司
         1933  小樽  光       喫茶
         1933  札幌  とら屋食堂   ラーメン
         1934  帯広  帯広はげ天   天
         1934  根室  浅草軒     ラーメン
         1934  函館  まつ本     天丼
         1935  釧路  リリー     喫茶
         1935  札幌  う月      食堂
         1935  室蘭  清洋軒     ラーメン
         1935  函館  来々軒     ラーメン
         1936  旭川  八条はま長   食堂
         1936  札幌  西林      喫茶
         1936  小樽  館       喫茶
         1936  函館  祐鮨      寿司
         1937  小樽  三川屋     食堂
         1937  小樽  大和家     寿司
         1937  函館  とり辰     居酒屋
         1938  小樽  おたる政寿司  寿司
         1939  赤平  勝巳      食堂
         1939  旭川  ちろる     喫茶
         1939  浦河  わかば     食堂

26店目・・志満川         2019年4月27日

■志満川(しまかわ)

■創業:1916年(大正5年)

■住所:増毛郡増毛町稲葉町1丁目1

■訪問日:2019年4月27日

■頂いたもの:醤油ラーメン(650円)

訪問レポート

 

私は増毛の町が大好きだ。キャンプをしている回数もこの地が最も多いと思う。

その昔、ニシンで活気があったこの港町で100年も続いている食堂。

町のみんなから愛された証拠だ。

建物はお店の歴史よりさらに古い明治時代のものらしい!

27店目・・アイスクリームパーラー美園  2019年4月27日

■アイスクリームパーラー美園(みその)

■創業:1919年(大正8年)

■住所:小樽市稲穂2丁目12−15

■訪問日:2019年4月27日

■頂いたもの:チョコレートパフェ(700円)

訪問レポート

 

この喫茶店、なんと北海道で一番最初にアイスクリームを提供したお店なのだ。

店内は古き良き昭和そのもの。昭和生まれの私にとって落ち着く事この上ない。

何度でも足を運びたくなるステキなお店だ。

28店目・・満る大         2019年4月28日

■満る大(まるだい)

■創業:1918年(大正7年)

■住所:函館市谷地頭町34−5

■訪問日:2019年4月28日

■頂いたもの:天ざる蕎麦(1,300円)

訪問レポート

 

このお店の最も素晴らしいところは、現在三代目家族と四代目家族、そしてアルバイトの店員さんまで生き生きと仲良くお店を運営しているところだ。

こんなに気持ちの良い店はそうそうない。

蕎麦はその風味が強く残る形で提供され、蕎麦好きにとって非常に食べ応えのあるバランスの良いコシと風味です。

29店目・・第一洋食店            2019年4月29日

■第一洋食店

■創業:1919年(大正8年)

■住所:苫小牧市錦町1丁目6−21

■訪問日:2019年4月29日

■頂いたもの:ハンバーグランチ(1,300円)

訪問レポート

 

本格的なフルコースからお気軽な定食までカジュアルな気持ちで利用できるお店です。店内にはオペラのDVDが放送され、今迄に経験した事の無い楽しい雰囲気で食事が出来ました。もちろんお料理の味も本格的です。

駐車場は隣のコインパーキングが利用出来、会計時に申し出ると200円キャッシュバックして頂けます。

30店目・・三光舎                 2019年5月5日

■三光舎(さんこうしゃ)

■創業:1919年(大正7年)

■住所:旭川市5条通9丁目

■訪問日:2019年5月5日

■頂いたもの:スペシャル牛すき焼き定食(4,104円)

 

我が町旭川からの100年食堂。何か良い事があると記念に出掛けるお店だ。

昼と夜とではメニューが違い、私が頂いたものは昼のメニュー。

(ご飯が付く代わりに肉が若干少ないとのことです)

31店舗目・・東家寿楽       2019年5月12日訪問

■東家寿楽(あずまやじゅらく)

■創業:1919年(大正7年)

■住所:札幌市中央区北二条西27丁目1-1

■訪問日:2019年5月12日

■頂いたもの:ざる蕎麦(800円)

 

私が頂いた沢山の蕎麦店の蕎麦の中で最も好みだと思われる蕎麦。というか蕎麦店。お店の雰囲気良し、店員さんの対応良し、蕎麦そのもの良し。

いつも大変混んでいるのが納得できます。

訪問レポート

■32店舗目・・東家本店      2019年5月12日訪問

■東家本店(あずまやほんてん)

■創業:1919年(大正7年)

■住所:札幌市中央区南4条西1丁目6

■訪問日:2019年5月12日

■頂いたもの:ざる蕎麦(680円)

 

札幌にいくつかある東家の本店。

もちろん総本店は釧路の「竹老園東家総本店」さんです。

 

リーズナブルなメニューによって店内は地元の方で混雑しており、100年愛されたお店である事が良く分かります。訪問レポート

■33店舗目・・手打ち蕎麦 思君桜 本店 2019年6月8日訪問

■手打ち蕎麦 思君桜 本店(しくんろう ほんてん)

■創業:1919年(大正7年)

■住所:恵庭市本町53

■訪問日:2019年6月8日

■頂いたもの:ざる蕎麦(660円)

 

私が訪問した蕎麦店の中で最もインパクトのある蕎麦を頂く事が出来ました。

兎に角太い!、そして物凄いコシ! クセになる美味しさです!

訪問レポート

■34店舗目・・・池田屋     2020年3月6日訪問

■池田屋(いけだや)

■創業:1920年(大正8年)

■住所:富良野市本町4-3

■訪問日:2019年3月6日

■頂いたもの:上生ちらし(2,150円)

■仕事中で急いでいた為、訪問時に建物の撮影をしそびれ、

 料理の画像は3月6日の訪問時、建物の画像は7月5日のものです。

 

内陸の街、富良野市。ここに1世紀の歴史を刻む寿司店があります。

「京寿司」と看板に書かれていました。

取引先の方と一緒に行ったので、お料理の事は余り覚えていません。

またプライベートでゆっくり伺います。

■35店舗目・・・そば処みなとや  2020年7月18日訪問

■そば処みなとや

■創業:1920年(大正9年)

■住所:上川郡新得町2条北1

■訪問日:2020年7月18日

■頂いたもの:もり(700円税込み)

訪問レポート

 

新得町は蕎麦の生産地としても有名です。

その地に100年もの間愛された蕎麦店がありました。

麺は細目ですがコシがあり、蕎麦の風味も素晴らしいです。こういった麺を食べた記憶はありません。とても好きな麺です。汁もカツオが効いていて、しょっぱ過ぎず、安定感があります。是非また立ち寄りたいお店です。

36店目・・そば処丸福本店      2020年7月18日

■そば処丸福本店

■創業:1920年(大正9年)

■住所:帯広市東1条南10丁目19-2

■訪問日:2020年7月18日

■頂いたもの:せいろ(税込み700円)

訪問レポート

 

建物の外見は何となくジブリ感が漂いワクワクします。

せいろ蕎麦は至って普通の食べやすい蕎麦です。汁は少ししょっぱ目ですが、カツオも効いており、私の好みです。

店内がとても綺麗に掃除・整理整頓されており、素晴らしいです。

37店目・・・玉川園        2020年7月25日訪問

■玉川園(たまがわえん)

■創業:1899年(明治32年)

■住所:厚岸郡厚岸町松葉1丁目17

■訪問日:2020年7月25日

■頂いたもの:もりそば(税込み650円)

訪問レポート

 

厚岸の老舗蕎麦店は「玉川亭」でスタートし、長い歴史を刻んでいましたが、後継者がいない、過疎で昔ほど利益をあげる事が出来ない等の理由から2015年に一度閉店。しかし地元の方々の熱い要望により気分一新店名を「玉川園」に変更し、翌2016年に従来のオーナーにより復活しました。

こちらのオーナーは店の裏でカイロプラクティック(整体師)も営んでおられます。

開店時間がAM11時~PM1:30までと限定的なので訪問時は注意が必要です。

皮かしわ系が看板メニューです。

38店目・・・天勝本店   2020年8月1日訪問

■天勝本店(てんかつほんてん)

■創業:1920年(大正9年)

■住所:室蘭市中央町2丁目3-16

■訪問日:2020年8月1日

■頂いたもの:天丼(税込み950円)

訪問レポート

 

室蘭の少し寂れた街中にある天丼屋さん。

私はもしかすると天丼が最も好きな食べ物かも知れません。だからこのお店が100年を迎える事を楽しみにしていました。

入店後すぐに注文をし、プラスチックの引換券を受け取るシステムです。

店内は意外と広く、長いカウンターがあります。古くから近隣のサラリーマンの昔からの行きつけ的なお店として存在し続けてきたのでしょう。

土曜日の午後3時に訪問したのに5組ほどのお客さんが天丼を食べていました。

注文して数分後、揚げたての海老天とイカ天が載った天丼の登場です。

天麩羅は濃厚なタレをくぐらせてから御飯に載せています。

100年間愛された天丼は美味しくないハズがありません。