■帯広方面ぶらぶら旅  2021年7月10日~11日

 

 私「またどこか行くかい?」

 妻「キャンプはもういい」←虫嫌い・外で寝るの大嫌い

 

という心温まる会話からの少々強引な誘いで、今回は妻と二人で帯広方面に出掛けます。妻がその気になったのも私からの真鍋庭園や温泉や菓子店巡りの提案、そして宿泊は高規格キャンプ場であれば・・となったからです。

自宅旭川をAM3時に出発し、帯広を目指します。

三国峠、松見大橋を見る。

北海道の原生林に架かる建造物は何回見ても飽きません。

AM3時に出発した理由は、帯広地方卸売市場内にあるAM6:30開店の「ふじ膳」さんの激安海鮮丼(600円)を頂く為です。

毎日限定20食で、私は一度もありついたことがありません。 今度こそは・・

私はAM6時15分頃到着したのですが、

画像奥、既にに30人以上並んでいました。。

券売機で食券を買うスタイル。

残念ながら600円の激安海鮮丼は売り切れでした。

仕方がないので、ネギトロ3色丼(800円)と

特上握り(600円 ウニ・イクラ・生ホタテ)を頂きました。

 

何年か前に比べると全体的に値段が上がっていますが、

まだまだお得感はあります。

海鮮丼ものの御飯が酢飯なのもポイント高いです。

続いて妻の趣味で「真鍋庭園」さんにやってきました。

こちらは「タイガ」←(学校で習ったロシアの針葉樹帯)かと

思えるほどの沢山のコニファーを見る事が出来るのです。

入場料は一人1,000円と決して安くはありませんが、

広大な庭園の手入れが行き届いていて気持ち良いのです。

最長のコースは1.8Kmもあります。

勿論腹ごなしに最長コースを歩きます。

まあ、色んなコニファーがあります。

途中、鯉のいる池ではこんな自販機も・・

最中の中に鯉の餌が・・。

夫婦揃って夢中になって餌やりをしてしまった・・

(妻) モザイクですが、今回最大の笑顔と思います。

色とりどり凄いものです。

植物に疎い私でも全く飽きません。

余りの多様さに思わず唸ってしまいます。

散々楽しんだコースのラストには広葉樹を含めた販売コーナーも。。

しかし我が家の庭のコニファーに比べて値段が随分高いなあと。

確かウチの苗木は1m位の大きさで1本3,980円位だったけど、一桁違うものばかりです。

カフェが併設されているので一休み。

カプチーノソフトを頂きました。

AM11時。続いては私がどうしても来たかった「ローマの泉」さんです!

建物は昭和そのもので、私の好きな雰囲気です。

こちらは基本銭湯なのですが、①一般的な銭湯 ②貸切家族風呂 ③食堂 部門に分かれております。そしてお湯は当然源泉かけ流し!であります。

 

詳しくは →→→ ローマの泉さんHP 是非ご覧下さい。

素晴らしいHPです。面白いですよ。

私が入った棟は、この通り家族風呂系の棟です。

そして利用したのは「ファミリーサウナ」

もちろん風呂付で2,000円です!

アパートの一室の様に、自分が借りたお風呂部屋に入室するのです。

前室(更衣室)があり、

その先に内風呂とサウナがあります。

内風呂にはドバドバと贅沢にモール泉が掛け流されております!

内湯の壁にサウナの扉があり、

ゆっくり貸し切りを楽しめます。

 

妻は最初、古めかしい建物の外観を見て

拒否反応を示しましたが、帰る時にはニコニコでした。

(従業員の皆さんが揃って親切でそれも素晴らしいのです)

続きましては、昼食を頂く為に帯広の100年食堂「ふじもり」さんにやってきました。帯広の飲食店の顔と言っても良いでしょう。カレーのインデアン(インディアンではありませんよ)も系列店です。

私はこのお店がとても好きなのです。

まずは店頭のお料理サンプルが素晴らしい。

昭和のデパートを思い出します。

入店ましたらお冷と共にメロンソーダが配給されます。

勿論無料です。(すみません。ひと口飲んだ後に撮影しました)

数あるメニューから選定したのが、サービスランチ660円(税込み)のハンバーグ定食です。見よ!このボリュームを。茶碗蒸しも付いています!

御飯の量が多く、ハンバーグは勿論、茶碗蒸しのお味も素晴らしいです。

 

店員さんの気の利いた声掛けは、非常にハイレベルな接客です。私はファミリーレストランで‘ふじもりさん’以上の所を知りません。ご馳走様でした。ありがとう。

最近では「食事作りは女性の仕事!?」なんて言われそうな一文ですが、私はお店のこの気持ちを大切に受け取ります。

これが122年もの長きに亘って続く基本なのでしょう。(1899年創業です)

PM1:30 ようやくやっと本日宿泊の「十勝エコロジーパークキャンプ場」に到着しました。道立の高規格なキャンプ場・・というか多目的な公園です。

 

料金は大人2人、プライベートサイト利用で3,900円+ゴミ袋300円の計4,200円。少々高いですが、治安が守られるので良いのです。

オートサイトにて。

本日は満員御礼予定との事です。

皆さんまだチェックイン前らしくガラガラでした。

 

私はこちらは2度目の利用ですが

各サイトがゆったり広く使い易いです。

 

速攻でテントを張り・・

再び出発。予定は一杯。ゆっくりなんかしていられません。

池田町のワイン城に来てみました。実は私はコチラは初めてです。

何かお土産でも・・と思いましたが、安いワインはいつものスーパーで見掛けるものばかりだし、高いワインは買う気がしないので(私、ワインの善し悪しが全く分かりません)、何も買わず退店・・運転があるので試飲も出来ないし・・ロードスターの積載も限界だし・・すみません。

コチラには人が運転するバスなどのツアーで来て試飲して買い物を楽しむべきですね。自分の運転ではダメです。

再び帯広市内に行き、老舗パン店の「満寿屋」さんで夜食や明日の朝食のパンを購入する事とします。こちらのパン屋さん、今年で創業71年です。

夕方だったので、多くのパンは売り切れていましたが、幾つか購入。

当初は柳月本店と六花亭本店に寄るつもりでしたが、時間が押してきた為今回はパス。この2つのお菓子は旭川でも買えますので。

で、旭川にお店の無い「クランベリー」さんに立ち寄ります。

コチラのスイートポテトは絶品なのです。

食べかけでスミマセン。食べた後に撮影していなかった事に気付きました。

クランベリーさんのスイートポテトは甘すぎず、とても美味しいです!ご馳走様でした。

続いては「オベリベリ温泉 水光園」さんです。銭湯価格(大人450円)で源泉かけ流しを楽しめます。素晴らしいです。

本当に帯広は羨ましい・・ (旭川市街にかけ流しの温泉施設はありません)

銭湯価格で立派な施設。コスパ最強です。おススメです!

大満足の後は決まってメグミルクの牛乳を頂きます。

時間が押しに押した為、

銭湯から近い「そば処 一庵」さんという

蕎麦店に来てみました。

大盛りのもり蕎麦を頂きました。美味しかったです、ご馳走様でした。

ニュースで大谷君のHR33号をやっていました。

超絶凄い。HR王行くね。

テントに戻って焚き火・・と思ったら、

結構な雨が降って来たので中止。残念。

テントの中でビールを飲みながらマッタリ。。

寝るのはコットで、寝心地が良く、体が痛くなりません。

ブルックスのコーヒーと・・

先ほど満寿屋さんで買って来た、きな粉ペーストが挟まった きな粉パンを頂いた。

きな粉好きなのでとても美味しかったです。

 

歯を磨いてPM9時に就寝。今日は長い1日だった・・

AM4時起床。霧の様な小雨が降っている。

皆さんマナーが大変良く、気持ち良く睡眠をとる事が出来ました。

昨日買った総菜パンが朝食です。

キャンプ飯?何それ状態^^;

プレゼントで以前貰った、

お湯を袋に注ぐタイプのコーヒー、

芳香な香りが素晴らしく、美味しかった。

AM8時にキャンプ場を出発。(今回のキャンプ場はゲートバーのリモコンを直接返却する必要がある為、AM8時以降にしか出発できません)

 

まずは朝風呂。ホテル鳳乃舞(ほうのまい)温泉さんの日帰り入浴を利用します。

こちらの温泉もかけ流しで、かつ・・・

ズームすると・・・

↓↓↓

お湯が黙っていてもどんどん出て来るって事はこういう事です。

石油で潤っている国に近いですね^^

 

施設も立派で大満足です。

さあ、今回の旅の最後の寄り道は・・

新得町の 「蕎麦 十箱(とばこ)」さんです。

 

開店20分前に到着。本日の一番乗りでした。

綺麗な店内。徹底した仕切りで密を回避。

お品書きはシンプルでセンス良し。

もり と 炊き込みご飯のセット(1,100円)を頂きました。十割手打ちの中細麺は喉越しが良く、出汁のお味も鰹が効いていて美味しいのですが、蕎麦饅頭が付き、更に器も良く、楽しめました。ご馳走様でした。

富良野の田舎道で・・

今日は曇っていたのでオープン走行も快適でした。

 

今回の旅、妻も結構楽しんでいたようで、例えば「ローマの泉」さんについては帰宅後も素晴らしかった・・と振り返っています。

そしてキャンプ旅行に慣れるのも時間の問題!?かと思いきや、

先ほどテントでの宿泊さえ無ければ最高だった・・という発言あり^^;

 

ではまた^^/