道の駅なとわ えさん で車中泊を試みたものの、隣の乗用車が寒さの余りエンジンを始動したり止めたりするんで、その度に目が覚めてしまった。

幌のクルマなので外部の音がほとんど遮断されないのです。

という訳で午前2時に次の目的地、「恵山水無海浜温泉」に出発。

画像は恵山港。ここで時間つぶし。

この日は午前4時から入浴可能時間と発表がありました。

干潮満潮で入浴時間が変わるのです。入浴をされる方は函館市のHPをチェックしてみて下さい。入浴可能時間が確認できます。函館市HP

月明かりに照らされた水無海浜温泉。雰囲気は最高です。

右手の小さな建物は脱衣室。トイレもすぐそばに立派なものがあります。

ここは海水浴場としても使われるのです。

お湯は適温40℃位でした。大海原を見ながらの入浴は、地球からの直接の鼓動を伝えてくれます。ああ、野湯って本当に素晴らしい!

Tatsuro Yamashita - You Make Me Feel Brand New

ある港にて。日の出を眺めながら・・

南かやべ保養センターを視察。なぜかと言えば・・

隣接する南茅部河川公園。前々から気になっていた山の中のキャンプ場です。

ここは虫のいないこの時期に利用すると良いですね。

隣は質の良い温泉施設がありますのでキャンプと温泉両方を楽しめます。

そうそう、そして利用料は無料です。

四輪も沢山駐車していました。

だからああやって不特定多数の人が利用する屋根の下にタープを張ってはいかんでしょうが・・。雰囲気的に長期滞在者でしょうね。ここはまだ空いているので良いのかも知れませんが、混んでいてもあれをやる人がいますからね~。

もっと酷い人だと、みんなが使う炊事場に思い切りタープを合体させたり・・モラルが問われます。

私がオートサイトを使う事が多いのもそんな理由からです。

お金を払えば払うほど非常識な人と関わる可能性が低くなります。

海岸線を走っていて気付いた事がありまして、私の住む旭川の農家で使う軽トラのボディカラーは圧倒的にホワイトが多いのですが、漁師の町ではホワイトが一番多いものの、シルバーなどの着色カラーも多く、特にブラックは1~2割占めていると思います。

ブラックの軽トラックはどことなく街宣車のような圧力があります。

これは漁師の方の気性を表わしているのかも知れないですね。

ハイスピードロードナンバー1

北海道の田舎道の車の流れは相当速い。まあ、信号や遮るものが何も無いのでそれでも良いのだろうが、私が今回北海道沿岸を一周走ってみて、また過去の経験から、暴走・・いや失敬、ハイスピードロードナンバー1を発表する。

それは・・ズバリ! 国道5号線長万部町のゆずり車線だ。

タダでさえハイスピード走行して来ているのに、平坦な道路にも関わらず譲り車線があるのだ。北海道には平坦地でも相当数のゆずり車線が存在するが、ここはいつ走っても車の流れが異常に速い。

まるで皆、競い合うように長万部を走り抜けるのだ。

私!?私はもちろん法定走行ですよ^^;

上)北海道最速を誇る谷田部(古っ!)・・いや、長万部サーキット

そして、伊達のアルトリ岬キャンプ場です。

ここは9年前に利用したっきりですね~。無料で施設は古いですが景色は良いし、利用してとても楽しいキャンプ場なのです。

 

ここではライダーやチャリダーと立ち話をしました。チャリダーの大学生、靭帯を痛めて旅を続けるのが難しいと言っていたけど、その後どうなったかな?

半島みたいな場所の丘の上にあるキャンプ場です。

それまで会った事も無かった者同士が友達になる。いいなぁ。。この雰囲気。

さあ、どんどん走ってきましたよ~。今度は苫小牧にある100年レストラン、1919年創業の「第一洋食店」さんです。

タキシードに着替え(ウソ)、開店と同時にIN!。私は何でも’いの一番‘が好きなのです。昭和の雰囲気漂う落ち着く店内です。

メモ:こちら駐車場は用意されておりません。隣の有料駐車場を利用したと申し出れば現金で200円をキャッシュバックしてくれます。

店内にはオーナーシェフの趣味でオペラが流れております。知りもしないのに「オペラの何ですか?」と店員さんに尋ねたら「トスカです」との事。

私はまるで知った風に受け答えしたが、直後にスマホで検索。トスカはオペラの中では定番中の定番ではないか!(^^;)

比較的リーズナブルなハンバーグステーキ温野菜添/季節のサラダ(1,300円)を注文

ハンバーグと言えばびっくりドンキーを利用する我が家ですが、同じハンバーグでも全く違いますね~。どちらも美味しいに違いありませんが、こちらの方が大人な雰囲気です。ああ、それと温野菜がとても甘くてビックリしました。

 

お客さんが続々来ますので、オーナーとは会えませんでしたし、オーナーの奥さまには一言「100周年おめでとうございます」しかお伝え出来ませんでした。

70代の奥さまは「ヨタヨタしております。これからもヨタヨタ頑張ります」と冗談交じりに答えていただきました。いつまでもお元気で頑張ってください。

この日は500キロ以上を走り抜けた。不思議と疲れてはいないが、オープン状態で走っているので日に焼けて鼻の頭が痛い・・

 

上画像は襟裳岬近く。荒涼とした風景が地の果て感を醸し出している。

襟裳岬。早くキャンプ場でゆっくりしたくて通過のみ。

本日509キロ走って「襟裳町百人浜オートキャンプ場」にどうにか到着。

センターハウス。ここに来たのは何年ぶりだろうか。。相変わらずいい雰囲気。

道内道外、色んな地域から来た人たちが、思い思いに話したり休憩している。

ここで失敗。本日は風が強かったのでアライのドマドームを張ろうと思ったら、ポールが収納袋に見当たらない。。

冬に一度室内で試し張りした時にポールを袋に入れず棚に置きっぱなしにしてきた為、ドマドームを張る事が出来ませんでした。ガックシ!

キャンプ場のシャワーでサッパリして、コインランドリーで汚れ物を全部洗濯して

今晩の食事は「ふんわりオムライス」です。自炊はしないのかって!?

「疲れているので しません!」

 

午後8時には眠りにつきました。

 

4日目に進む