■朱鞠内湖ワカサギ釣り2 2012年3月10日

年度もいよいよ終わりの3月。どうにか仕事の方も見通しがつき、心に余裕が出てきたのでワカサギ釣りに・・(いつも気楽にフラフラしているじゃないか、とお思いの方も多いでしょうが・・気のせいです)

 

今回は前回は釣果がまさかのゼロだった朱鞠内湖だ!(息子は5匹ね)

朱鞠内湖の辺りは北海道でも有数の雪が多く寒い地域であるが、本日は風はほぼ無く、春を感じさせる陽気だ。

AM8:30 現場に到着
AM8:30 現場に到着

入漁料:大人1,000円・子供500円

駐車料金:300円

 

剣淵の桜岡湖の時はクルマ一台500円(しかもレークサイド桜岡の入浴券付き)だったので、何となく割高感もあるが、施設やその他の様々な管理もしっかりしているので安心だ。

手ぶらで行っても大丈夫。竿は勿論、スコップや大きいソリに至るまで全ての道具にレンタルがある。

今回はスノーモビルをお願いし、(行き先によって料金が違う。私の場合は往復300円)弁天島まで輸送して貰う。

実は気乗りしない(前回朱鞠内で殆んど釣れなかった為)息子を連れ出すのに「スノーモビルに乗れる」というキーワードを使ったのであった^^; 

 

画像は前浜の辺り。結構人が多いです。

この辺りは北海道でもかなりの豪雪地帯で、しかも極寒地帯でもある。

氷の厚さは150cm以上で私の持っている通常のドリルでは氷を貫通できない為、各所に備え付けされた朱鞠内湖漁協のドリルで穴開けする必要がある。

あんまり陽気なのでテント内で釣るのはやめた。

テントは前回行った時の濡れがあったので、干しておく事に。

で、問題の魚群探知機なのだが、やはり何も表示せず。深度すら表示しない。これは不良品なのではないだろうか・・。 (結局後日交換して貰う事にしました)

9時過ぎには釣り始め、ボチボチ釣れる。

11時にはカップラーメンを食べる。隣のグループは釣りもソコソコにお酒を飲みながら炭火でホルモンを食べていた。楽しそうだったなあ。

ラーメンやパンやおやつを食べ、余りの陽気にグウグウ昼寝を始める小学生の息子。 (気温が+7℃位あって無風なのでポカポカでした。) 

早起きした事もあって結局2時間近くも寝ておりました^^;

ボチボチ釣れるけど、小学生には退屈なんだろうなあ・・。

天気が最高に良く、ワカサギ釣り日和です。

釣果は2人で70匹。1人だったら多分軽く100匹以上は釣れただろうけど、子供の面倒を見ながらだとどうしても釣りに集中できないのだ。

ま、それでも前回のまさかのゼロの雪辱を果たせたし、満足です。

午後3時過ぎに終了。バス停みたいな所で待っていれば定刻にスノーモビルが迎えに来てくれる。

帰りは息子の要望で幌加内の道の駅にある「せいわ温泉ルオント」で入浴。最近小学生の息子も温泉が好きになってきたらしい。

 

そうそう、朱鞠内湖の駐車券を出すと大人500円の入浴料金が400円に割引になります。

ピンボケ。せいわ温泉ルオント
ピンボケ。せいわ温泉ルオント

レークサイド桜岡の温泉は規模が小さく露天も無いが、ここは広いし、田舎の為空いているし、露天はあるし、いい感じです。源泉温度は7.6℃と低い沸かし湯ですがナトリウム泉でなめるとしょっぱいです。

せいわ温泉ルオント、脱衣場
せいわ温泉ルオント、脱衣場

アイスを食べて、ジュースを飲んでマッタリしてから帰って来ました。

 

ではまた。。^^/

 

あなたの街も訪れているかも。上の検索BOXでサイト内検索してみて下さい。